屋根・外壁塗装工事で使う塗料の種類と耐用年数、相場のまとめ

 

皆さんこんにちは。

埼玉県越谷市を拠点に、リフォーム・リノベーション、増改築工事、塗装工事などを手掛けている株式会社ノアプランニングです。


はじめて住まいの塗り替えリフォームを検討される際、塗料の種類の多さから、どの塗料を選べばいいのか迷われるかと思います。それぞれに異なる特徴があって、価格や耐用年数が変わってきますので、選ぶだけでもひと苦労ですよね。


そこで今回は、屋根外壁塗装で用いられる代表的な塗料について簡単に比較できるようにまとめてみました。塗料選びの参考にしていただけると幸いです。



■塗料の種類と特徴


・アクリル系塗料(費用相場:1,000〜1,200円/㎡、耐用年数:4〜7年)

アクリル系塗料は、主成分としてアクリル樹脂が使用されている塗料で、70年前ほどから一般的に販売されています。はっきりとした発色のよさから広く用いられてきましたが、現在では高性能で機能的な塗料が多数登場しているので、需要は減少傾向にあります。しかし、最も安価で手軽に購入できてカラーバリエーションが豊富なので、今流行のDIYでは人気の塗料です。


・ウレタン系塗料(費用相場:1,800〜2,000円/㎡、耐用年数:6〜10年)

ウレタン系塗料は、主成分がウレタン系合成樹脂の塗料です。密着度が非常に高く柔らかい塗料なので、木材の屋根や外壁にも使用することができます。ひび割れも起こりにくく、高級感のある光沢が出るのが特徴的です。また、お手軽な価格でもあり人気を集めていますが、汚れや紫外線による影響を受けやすいので、耐用年数は短めになっています。


・シリコン系塗料(費用相場:2,500〜3,500円/㎡、耐用年数:8〜15年)

シリコン系塗料は、シリコン系合成樹脂が主成分の塗料です。耐熱性・耐水性・耐候性のいずれも高い性能を有することが特徴で、機能面で非常に優秀な塗料です。その分耐用年数が比較的長いので、ライフサイクルコストの面では、アクリル系やウレタン系塗料よりも優れています。ひび割れが起こりやすいというデメリットはあるものの、耐久性と費用とのバランスが優れている塗料です。

(日本ペイント|水性シリコンセラUVの例)


・ラジカル系塗料(費用相場:2,400〜3,000円/㎡、耐用年数:8〜15年)

ラジカル系塗料は、4年ほど前に登場した新しい塗料なので、まだ塗料としての実績は少ないですが、安価ありながら高い機能を有する塗料です。アクリル系やシリコン系の塗料を成分の土台としながら、さらに特殊な成分を配合して作られています。劣化因子である”ラジカル”の発生を抑える効果があり、気候による影響や汚れに強い塗料となっています。また、あらゆる素材への塗装に最適なので、塗装する場所も選びません。

(日本ペイント|パーフェクトシリーズ)


・ピュアアクリル塗料(費用相場:3,400〜3,700円/㎡、耐用年数:12〜15年)

ピュアアクリル塗料は、アクリル純度を高める技術を塗料に応用したオーストラリア産の塗料です。アクリルが本来持っている耐候性・防水性・遮熱性を存分に活かしているので、耐久性や防水性、通気性、遮熱性など、さまざまな機能に期待できます。ただし、日本製の塗料ではないということで、日本の塗装業者の中には、その性能に疑いの目を向けている業者も存在しています。

(ASTEC|EC-5000シリーズ)


・フッ素系塗料(費用相場:3,500〜4,500円/㎡、耐用年数:15〜20年)

フッ素系塗料は、主成分の合成樹脂にフッ素を混ぜ合わせて作られた塗料です。その耐久性の高さは、数ある塗料の中でも目を見張るものがあります。親水性が非常に高く、かつ汚れや紫外線に強いので、長期的に施工箇所をきれいに保つことができます。ただし、費用が比較的高額で、職人の腕によってはひび割れなどが発生しやすくなるので、知識や技術において信頼できる業者を選びましょう。

(関西ペイント|アレスアクアフッソ2)


・無機系塗料(費用相場:5,000〜5,500円/㎡、耐用年数:15〜20年)

無機系塗料は、合成樹脂などの有機物を主成分とする塗料に、鉱物などの無機物を混ぜ合わせて作られた塗料です。汚れや紫外線に強くて燃えにくく、フッ素系塗料と同様に耐用年数が非常に長いです。性能が高いゆえにコストも高額になりがちなので、無機系塗料を選ぶ際には、腕の確かな職人を有する優良な業者選びも同時に求められます。

(日本ペイント|パーフェクトセラミックトップG)



■注意したい点


・含有量・含有率は必ず確認しましょう

シリコン系やフッ素系、無機系の塗料を選ぶ際は、その含有量・含有率は必ず確認しましょう。含有量・含有率に対して細かな規定がないので、わずか1%でも含まれていれば、その塗料として販売できます。もちろん割合が少なければ、本来発揮されるべき塗料の性能が期待できません。特に高額な塗料を選ぶ際は、その含有量・含有率は必ずチェックしてください。


・施工に手抜きのない信頼できる業者を選びましょう

塗装の出来栄えを左右するのは、塗料の種類だけではなく、職人の腕によるところが大きいです。施工段階で手抜きが発生してしまえば、ひび割れや塗装のムラなどのトラブルにつながります。乾燥時間を十分設けなかったり、塗料の希釈率を守らなかったりする悪質な業者も存在するので、信頼のおける業者選びも、塗装リフォームでは重要となります。




■まとめ


塗装には、塗料が持つ特徴を吟味しつつ、リフォーム目的や費用などのバランスを考えた塗料選びが大切です。


当社では、大切なご自宅を長期間維持するためのライフサイクルコストにも配慮し、お客様にとって無理のないリフォームをご提案しています。

「塗料の選び方が分からない…」「住まいの屋根・外装の状態が心配…」などでお困りの方は、ノアプランニングまで、ぜひ一度お気軽にご相談ください!


<ノアプランニングへのお問い合わせ先>

TEL.048-940-0317

https://www.noahplanning-inc.jp/contact


アーカイブ

人気記事