新しい“時短”キッチンで、新しい春を迎えませんか?

 

皆さんこんにちは。

埼玉県越谷市を拠点に、リフォーム・リノベーション、増改築工事、塗装工事などを手掛けている株式会社ノアプランニングです。


2015年の国勢調査では、共働き世帯が64.4%になり、全世帯の6割を超える勢いで年々増加していることがわかりました。

また、ここ埼玉県越谷市においてどうでしょうか。同調査結果によると越谷市の全一般世帯数に対する核家族世帯の割合は62%となっており、こちらもやはり増加傾向にあります。


(出典:平成27年国勢調査報告|越谷市)


年々増加している「共働き世帯」「核家族世帯」ですが、そうなると住まいで重要度が増してくるのが、家事の時短です。特に調理については、勤務先から帰って、いかに迅速に子どもたちへの料理を作れるかが重要となります。この点について、各キッチンメーカーも当然のように工夫を凝らした製品を開発しています。


そこで今回の記事では、「調理の時短」「家事負担の減少」を実現してくれる各メーカーの製品についてご紹介します。



■グリル


料理によっては電子レンジやオーブンを使用することもあり、設定や調理方法などに手間がかかりますよね。日立が提供する『グリル&オーブン』は、グリル1つであらゆる料理が可能で、冷凍食品の調理もすることができます。



また、ノーリツが手掛ける『マルチグリル』は、蒸す・焼く・煮るがこれ1つで完結するので、さまざまな料理を手軽に作ることができます。



これらの優れている点は、面倒な温度調整や攪拌、焼き目具合などをボタン1つで行ってくれるところで、料理の手間を省いてくれるので時短につながります。さらに、全自動で調理を行ってくれるので、キッチン前に張り付く必要がなく、他の家事も同時並行で進めることができます。

また、各メーカーのサイトで、グリルを利用したレシピが多数公開されているので、毎日の献立に悩まされることもなくなるでしょう。


(日立ホームページより)



■コンロ


3~4口コンロを使っているご家庭も多いかと思いますが、奥に設置されているコンロが使いにくく、結局いつも使うのは手前のコンロだけ、という方も多いのではないでしょうか。

Panasonicが提供する『トリプルワイドIH/マルチワイドIH』では、3〜4口コンロの配置が横並びとなっているので使い勝手が改善され、複数コンロを使った調理の時短が可能となるでしょう。



また、横並びの設計であるものの、調理に必要なスペースは十分に確保されています。旦那様やお子様と2人並んで調理することもできるほどスペースがあるので、ご家族との時間を共有しつつ、楽しく調理できます。



■シンク


多くのキッチンでは、調理スペースとシンクが分けられており、行ったり来たりといった手間を感じている方も少なくないでしょう。

タカラスタンダードが手掛ける『家事らくシンク』では、「洗う・切る・捨てる」の作業をシンクで行うことができ、調理効率を向上させています。



スライドまな板やアシストスペース、水切りプレートがシンクに内蔵されているので、シンクであらゆる調理が可能となります。調理スペースでは気になっていた卵やパン粉などの汚れも、シンクで行えば、後片付けも簡単で時短につながります。



■水栓


洗い物にかかる手間を省き、効率よく洗浄するためには、水栓の機能は大切です。水栓からの水の出方や水量が不十分で、洗い物が捗らないと悩んでいる方も多いはずです。そんな悩みを解決してくれるのが、TOTOが開発した『水ほうき水栓』です。



角度や穴の数、水の形状など細部に至るまでこだわりを持って開発されており、まるでホウキで掃いたかのようにサッと洗えるので、洗い物を時短してくれます。またLIXILが開発した『ハンズフリー水栓』では高性能センサーが搭載されており、手や洗い物を動かすだけで吐水・止水を自動で行ってくれます。



これらの水栓は、洗い物を自動でアシストしてくれるので、毎日の後片付けが捗ることでしょう。



■コンセント


キッチンで使用したいフードプロセッサーやハンドミキサーですが、キッチンまわりにコンセントがなかったり、コンセントの位置が悪くて調理の邪魔になったり、不便に感じている方もいらっしゃるでしょう。

Panasonicのシステムキッチンである『ラクシーナ』には、「クッキングコンセント」が搭載されています。カウンター下ユニットに装備されているので、コードが調理の邪魔になることもありません。



また、LIXILのシステムキッチン『リシェルSI』にも「クッキングコンセント」が設けられています。やはりこちらもカウンター下に装備されているので、ハンディタイプの調理家電が使いやすいように工夫されています。




■まとめ


このように、各メーカーともに、家事負担を軽減する設備を続々と開発しています。スペースの都合で今回紹介できなかったものもたくさんありますので、詳細についてもっと知りたい方は、私たちノアプランニングまでぜひお問い合わせください!

ご家庭の新生活がより素敵なものになるよう、お客様のご要望に合ったご提案をいたします!


<ノアプランニングへのお問い合わせ先>

TEL.048-940-0317

https://www.noahplanning-inc.jp/contact