リノベーションに向いたマンションはある?選び方を解説

 


皆さんこんにちは。

埼玉県越谷市を拠点に、リフォーム、リノベーション、増改築工事、塗装工事などを手掛けている株式会社ノアプランニングです。


住宅といえば、以前は新築を買うことがステータスとされてきました。しかし、人も住まいもオフィスも密集する東京では、リノベーション物件の人気が高まっています。新築を購入するより安く、最寄り駅からの距離や居住面積の広さなど、条件のいい物件に住みやすいことが人気の理由です。今回は、リノベーションすることを前提に、中古マンションを購入する場合の選び方を紹介します。




■マンションの耐震性は必ずチェック


最初に必ずチェックしなくてはならないのが、そのマンションの耐震性です。建築基準法の耐震基準は1981年6月から改められ、現行の新耐震基準となりました。これ以降に建築確認を受けたマンションは、改正以前の旧耐震基準に基づいて建てられたマンションよりも、耐震性が優れていると考えられます。


ただし、旧耐震基準の時代に建てられたからといって、新耐震基準を満たしていないとは限りません。もともと新耐震基準をクリアできるだけの強さを持っていたり、耐震補強工事を施したりしている物件もあるからです。築年月日だけでなく、具体的な耐震強度を確認するのが望ましいでしょう。


また、立地の地盤も確認しておくのがおすすめです。建物自体が耐震基準を満たしていても、地盤が弱ければ液状化現象や土砂崩れが起きるかもしれません。購入前にはぜひ地域のハザードマップをチェックしてくださいね。




■リノベーションに適した構造か確認


理想のリノベーションプランを実現するためには、マンションの構造の確認も大切です。建物の構造には、柱と梁で建物を支える「ラーメン構造」と、壁で支える「壁式構造」があります。リノベーションで壁を取り払いたいなら、適しているのはラーメン構造の物件です。


また、梁や天井をコンクリート躯体あらわし(打ちっぱなし)にするリノベーションも人気を集めています。もし躯体あらわしにしたければ、最上階の部屋は避けなければなりません。最上階は、天井に断熱材が入っていることが多いからです。


もし断熱材を取り除いて躯体あらわしにすれば、夏は暑く冬は寒い部屋になってしまいます。外断熱タイプの物件なら最上階でも大丈夫なので、必ず構造をチェックしましょう。




■マンションの管理状態が資産価値を左右する


リノベーションを行うなら、マンションの管理状態も確認が必要です。快適な住環境を維持するためには、適切なメンテナンスが欠かせません。管理状態が悪いマンションを選んでしまうと、せっかくリノベーションしたマイホームも劣化しやすく、資産価値も早々に低下してしまいます。


そこで、マンションの清掃が行き届いているか、ゴミ捨て場や駐車場などの共用設備はきれいに使われているか、植え込みは雑草だらけになってないかといったことを確認しましょう。また、定期的な大規模修繕の実施状況や、修繕積立金の残高の確認も重要です。内覧の際は、これらのポイントを意識してじっくり見て回ってください。



ノアプランニングでは、皆様の暮らしを豊かにする、さまざまなリノベーション工事を手掛けています。中古マンションも、しっかりリノベーションすれば理想のお住いに早変わり。ご自宅としてはもちろん、家賃収入を得るためのプランニングもサポートいたします。お気軽にお問い合わせください。


<ノアプランニングへのお問い合わせ先>

http://noahplanning-inc.jp/contact