安定した家賃収入が可能に!空室にしないアパート経営のコツ

 


アパート経営をしていてもふと今後の経営が不安になったり、土地活用に興味があってもうまく経営していけるかわからず、なかなか踏み出せなかったり…という方もいるのではないでしょうか。アパート経営を安定させるために大切なのは、できる限り空室を出さないことです。そのためには、地域性に合わせた運営計画や、住む人のことを考えたリノベーションが大切になります。そこで今回は、アパート経営や土地活用を行っている、またはこれからチャレンジしてみたいという方に向けて、アパート経営のコツをご紹介します。




■地域性に合わせたアパート経営


アパートを安定して経営していくためには、「地域性を理解する」「将来性を考える」「入居者の視点で考える」の3つのポイントが重要です。長期に渡って収益を生み出すアパート経営をするには、最初の企画段階でこの3つのポイントを満たしているかがカギとなります。



・地域性を理解する



例えばノアプランニングのある越谷市は、埼玉県南東部にありながらJR武蔵野線と東武スカイツリーラインが走っているため、都内に出やすく通勤・通学に便利な立地にあります。商業施設も多く、公園や自然がたくさんあるのでファミリー層に人気の土地です。越谷市でアパート経営されるのであれば、子育て世代に適した間取りや広さの物件を選ぶのがおすすめです。また、同じ市内でも立地によっては収益が見込めないこともあります。その場合はアパートをやめてコンビニを建て直すなど、柔軟に対応していくことも大切です。アパート経営を始める際には、地域性を考えた提案をしてくれる業者に依頼するようにしましょう。



・将来性を考える


最近では災害へのリスク管理も大事な要素です。地域密着型の業者であれば、過去の災害発生状況や駅前の開発状況、道路整備状況など、その地域の都市計画を見越した提案も行ってくれるでしょう。



・入居者の視点で考える


自分の好みでデザインや設備を決めてしまうと、入居者の希望とずれが生じてしまうことがあります。ターゲット層が単身なのかファミリーなのか、年齢層も合わせてイメージしながら、必要な間取りや設備を計画しましょう。




■空室にしないためのリノベーション



時代によって、入居者が望むデザインや設備は変化していきます。住む人に合わせて定期的に物件をリノベーションすることが、空室を増やさないポイントです。リノベーションには費用や工事期間が必要になりますが、築年数の古い物件を新しくできたり、物件価値を高めて家賃を上げたりすることも可能になります。


例えば、ターゲット層が一人暮らしの女性ならセキュリティ面を強化しましょう。オートロックやモニター付きインターホンなど、防犯設備を確認してみるとよいでしょう。加えて、ウォークインクローゼットやシステムキッチン、くつろげる広めの浴槽など、暮らしを豊かにする設備があると他の物件と差別化できるでしょう。


一方ファミリー層なら、耐久性の高い床材や壁材を使う、防音効果を高めるなど、小さな子どもがいても騒音を気にせず暮らせるような工夫をすると、ご近所トラブルを防ぎ、入居者の満足度を高められます。最近では、家事の負担を減らせる食器洗い乾燥機や浴室乾燥機、不在でも荷物を受け取れる宅配ボックスを希望する方が増えています。


空室を作らないためにも、入居者の希望を把握して定期的に見直してみることが大切です。




■ノアプランニングではアパート経営をトータルサポート



私たちノアプランニングは、埼玉県越谷市でアパート、マンション、戸建ての新築工事やリノベーション工事などを手掛けています。地域密着型企業としてのノウハウをもとに、アパート経営や土地活用をお考えの方へ地域の特性に合わせたご提案をしております。安定した家賃収入を得られるためのアパート経営のプランニング、施工、将来的な運用までトータルサポートいたします。


安定した家賃収入を得られるアパート経営をしたい」「リノベーションで入居者を増やしたい」という方は、住まい工事の専門家ノアプランニングまでお気軽にご相談ください。



<関連記事>

大家さん必見!賃貸物件リノベーションのトレンドをチェック

https://www.noahplanning-inc.jp/blog/renovation/115451