子供の独立後にお部屋を有効活用!リノベーションで叶える理想の暮らし

 


皆さんこんにちは。

埼玉県越谷市を拠点に、リフォーム、リノベーション、増改築工事、塗装工事などを手掛けている株式会社ノアプランニングです。

子どもの独立や親との同居など、家庭の環境に合わせて生活スタイルは変化していきます。そのため住む人数や年齢によって住まいも見直しをしていくことが大切です。ライフステージに合わせた家にすることで、住みやすい住環境をつくることができます。

そこで今回は、子どもの独立で空いたお部屋を有効活用するための、リフォームやリノベーションについてご紹介します。




■空いた子ども部屋を活用



子どもが成長して独立した後、子ども部屋にシーズンオフのものなどを置いていくうちに、いつの間にか物置になってしまったというご家庭も多いようです。久しぶりに実家に帰省した子どもが、自分の部屋が物置部屋になっているのを見てさみしく感じたというケースもよく聞きます。

とはいえ、せっかくある1部屋を使わずにホコリだらけにしてしまうのはもったいないですよね。そこで、子ども部屋の壁紙などをリフォームして、趣味の部屋や書斎として活用してはいかがでしょうか。また客間としてリフォームすれば、お客さまはもちろん、子どもが帰省した時には自分の部屋として実家での時間をのんびりと過ごせます。



■隣の部屋とつなげて広々空間に



間取りも変更できるリノベーションなら、壁を取り払って2部屋をつなげることも可能です。隣の部屋と合わせることで空間が広くなれば、今までできなかった憧れの暮らしを実現できるかもしれません。


広々とした寝室に大きなテレビを置いて映画を見たり、壁一面を本棚にして書斎にしたりできます。ファッションが好きな方なら、お部屋にウォークインクローゼットを作るのもおすすめです。子どもの独立後に空いたお部屋を活かしたリノベーションなら、家での生活をさらに楽しめるようになるでしょう。




■将来を考えてバリアフリーに



お部屋をリノベーションするなら、将来のことも考えて一緒にバリアフリー化を行うことをおすすめします。

必要に迫られてからバリアフリーのリフォームを検討される方も多いのですが、業者選びに時間がかかったり、慌てて工事した結果、納得のいく仕上がりにならなかったりすることもあります。子どもの独立を機にリフォームやリノベーションをする際には、バリアフリーについてもあわせて相談してみましょう。

年齢を重ねると昔は気にならなかった小さな段差につまづいたり、階段の上り下りを負担に感じたりするようになります。ドアを引き戸にして段差をなくす、手すりをつけるなどのリフォームをするだけで、家の中の移動が楽になります。

もしも夫婦2人だけの暮らしになり1階のスペースだけで充分な場合は、思い切って平屋にする「減築リフォーム」という選択肢もあります。2階以上のスペースがなくなる分、光熱費や家のメンテナンス費用も削減でき、日々のお掃除も簡単になります。コンパクトに暮らしていきたいという方は検討してみてはいかがでしょうか。




■リフォームやリノベーションの補助金


リフォームやリノベーションでは、工事内容や地域の施工業者を利用するなどの要件を満たすことで、各自治体から助成金がでることがあります。

ノアプランニングが拠点を置く埼玉県越谷市でも、増改築や内装・外装の改修、バリアフリー化などさまざまな工事が補助対象になっています。リフォームやリノベーションで補助金の申し込みができるので、市のホームページをぜひチェックしてみましょう。




■リノベーションで憧れの暮らしを叶える


リノベーションなら部屋の間取りも変えながら理想にあわせた家づくりができます。子どもの独立や家庭環境の変化をきっかけに、リノベーションで憧れていた暮らしを叶えてみませんか。

ノアプランニングではさまざまなリノベーション工事を手掛けており、お客さまの希望をお聞きしながら最適なプランをご提案いたします。リノベーションに興味を持たれた方は、住まい工事の専門家のノアプランニングまでお気軽にお問い合わせください。