おうち時間を充実させる! 人気のリノベーション3種を紹介

 


新型コロナウイルスの感染拡大により、最近ではすっかり「おうち時間」が長くなりました。感染を避けるために在宅ワークが中心になったり、家でも楽しめる趣味を探したりしている方も多いでしょう。そこで今回は、おうち時間をより充実させるために行っていただきたい、おすすめのリノベーションをご紹介します。



■在宅ワークスペースの追加で、仕事の効率をアップ!



在宅ワークをしている方におすすめしたいのが、在宅ワークスペースを追加するリノベーションです。普段在宅ワークをしていない方の場合、ご自宅が仕事に適した環境になっていないことが少なくありません。当面は在宅ワークが続く可能性が高い以上、仕事向きの環境を整えるのが望ましいでしょう。


在宅ワークスペースのスタイルとして人気が高いのは、リビングの一角を活用する方法です。リビングに大きめのカウンターを設置すれば、パソコンを使って作業ができ、小さなお子様の様子を見ながら仕事をすることもできます。在宅ワークをする必要がなくなった際、お子様の勉強スペースや家事の作業台に転用できる点もメリットです。


一方、ウェブ会議がある場合や集中して仕事に取り組みたい場合は、ある程度隔離されたスペースを設ける必要があります。これは部屋を新たに作らなくても、納屋程度のスペースを高めの間仕切り壁で囲めば対応可能です。あえて天井付近に隙間を設けたりドアをつけなかったりすると、生活音も適度に入ってくるため、家族から孤立せずに済みます。床を一段上げて、リビングとの境目をより明確にするのもおすすめです。



■ウッドデッキを設置すれば、のんびり気分転換が可能



外出を自粛せざるをえない中、お庭づくりに力を入れる方も増えています。動き回りやすいお庭を作れば、お子様の遊び場や運動用スペースとして活用できるからです。ストレスや運動不足の解消につながり、健康的な毎日を送りやすくなります。


そして、お庭づくりの一環として需要が高まっているのがウッドデッキです。何気ない食事も、家族みんなでウッドデッキに集まって食べれば、キャンプやパーティーのような気分を味わえます。読書をしたり、音楽を聴いたり、ティータイムを楽しんだりするのもいいでしょう。


もちろん、こういった行動を通じて、家族間のコミュニケーションが活発になるのも大きなメリットです。みんなで家にいる時間が長くなった今こそ、家族とのふれあいを大切にしてみてはいかがでしょうか。なお、ウッドデッキ設置のポイントについては、以前のブログ記事(https://www.noahplanning-inc.jp/blog/renovation/116452)もぜひご一読ください。



■タッチレス水栓の導入で接触感染対策


参照:Panasonic


新型コロナの感染対策としては、「非接触」の重要性も叫ばれています。大勢の人が触る場所は、接触感染の温床になるリスクがあるからです。そのため、資料は印刷せずデータで閲覧する、文房具は自分専用のものを用意するなど、多くの工夫が試みられるようになりました。


その一環として需要が高まっているのが、手をかざすだけで水を出したり止めたりできる「タッチレス水栓」です。レバーやハンドルに触れることなく水栓を操作できるので、接触感染の予防につながります。不特定多数の人が使用する公共施設で導入が進んでいますが、この機会にご自宅の水道もタッチレスに切り替えるのがおすすめです。


また、おうち時間が増えたことにより、水道光熱費が高くなって困っているご家庭も多いでしょう。感染予防として手を洗う回数が増えたことも、水道代アップの一因です。タッチレス水栓なら、水が出しっぱなしになるのを防げるため、節水効果も期待できます。つい水を出しっぱなしにしてしまいがちな、小さなお子様のいるご家庭では特に有効です。


埼玉県越谷市でリノベーション工事やマンション経営のサポートをしているノアプランニングでは、お客さまのご要望をお聞きしながら最適なプランをご提案しています。中古マンションを購入してのリノベーションを考えている方や、所有するマンションの売却・賃貸をご検討中の方は、お気軽にご相談ください。